【コーヒーは1日何杯が正解?】コーヒーは1日何杯までなら大丈夫なのか、最適なコーヒーの杯数をご紹介

コーヒー 適切な杯数

こんにちはKUTSULOG編集長です。

皆さんはーヒーを1日に何杯飲みますか?コーヒー好きの方なら1日に何杯も飲むという方も多くいると思います。

ただ、よくコーヒーの飲み過ぎは身体に良くないということも聞くと思いますので、今回の記事では1日にコーヒーを何杯までなら飲んでも大丈夫なのか?についてお話ししたいと思います。

コーヒーを頻繁によくけど、何杯までまでが体に悪影響がないのか気になる方は是非最後までご覧ください。

この記事は3分で読めます。

また、KUTSULOGは誰でも簡単に全国のカフェを検索・登録できるサイトをリリースしました。

カフェ好きの方はもちろん、カフェを経営しているオーナーさんや経営者の方もご自身のカフェを登録して是非ご活用ください。⇒今すぐカフェを検索・登録する(無料)

コーヒーは1日何杯までなら大丈夫?最適な杯数は何杯?

コーヒーは1日何杯までなら大丈夫か結論から言いますと、1日3杯〜5杯までの摂取なら健康被害に問題はないと言われています。

また、おおよそ6杯目ぐらいからカフェインが一転して循環器系に悪影響を与え始めるという結果もありますので、最高でも1日5杯程度にするのが好ましいとされています。

適度なコーヒーの摂取だと健康に良いコーヒーですが、1日6杯以上コーヒーを飲むといわゆるカフェインの過剰摂取になるため、血圧が上昇し、心疾患のリスクが22%ほど高くなるというデータもあります。

高血圧は心臓への負担が大きくなるため、もともと血圧が高めの方はコーヒーを何杯までにするか自分の中で決めておくようにし、飲みすぎるということがないように把握しておきましょう。⇒「カフェインレスコーヒを探す

関連記事:美味しいだけじゃない!!コーヒーの健康効果知ってますか?コーヒーの効果・効能をご紹介


コーヒーを一日一杯でも飲むメリットはあるの?

コーヒーは一日に何杯も飲みすぎると健康に悪影響を及ぼすと言われていますが、コーヒーを一日に一杯飲むだけだとコーヒーの適正な健康効果を体感することができます。

特に一日に1杯コーヒーを飲むだけでも集中力の向上、眠気覚まし、脂肪燃焼、アンチエイジング、リラックス効果、生活習慣病の予防などの効果を得ることができますので、コーヒーをそのものが悪いというわけではなく、コーヒーを一日に過度に飲みすぎることが健康に良くないということなのです。

「じゃあ、どれだけコーヒーを飲めば良いの?」

と思われる方もいるかとは思いますので、順を追ってカフェインの摂取量やコーヒーを1日に飲む杯数によってどのような変化が身体に起こるのかなども説明させていただきますね。


1日の適正カフェイン摂取量は?

1日のコーヒーの杯数でいうと多くても1日5杯とされていますが、カフェイン量に関してはどうなのか?その疑問についてもお答えします。

きちんと農林水産省が1日に適正なカフェインの摂取量と言うのを明記しています。それがこちらになります。

「保健福祉省(DHHS)及び農務省(USDA)による2015年の栄養ガイドラインに関する科学レポートでは、健康な大人では、適正なカフェイン摂取量、すなわち1日当たり3~5カップ又は1日当たり400 mgまで、であれば心血管疾患などカフェインの慢性的毒性のリスクは増加しないとしています」(出典元:農林水産省

1日あたりのカフェイン量でいうと400mgとされており、やはりコーヒーでも3杯〜5杯と明記されています。

ただ、前述した通り血圧の高い方や胎児への影響はないとされていますが、妊婦さんなどもなるべくカフェインの過剰摂取は控えた方がいいです。

また、体質によってはカフェインを飲むことで体調が悪くなったり、頭痛を引き起こす方もいらっしゃいますので、カフェインが自分の身体に合ってないなと感じる方はノンカフェインコーヒーなどがおすすめですよ。⇒「カフェインレスコーヒーを買ってみる

特に妊婦さんの方はこちらにコーヒーを飲む際の注意点などまとめていますのでこちらの記事をご覧ください。
参照:【妊婦さんは要注意⁉︎】妊婦さんはコーヒーを飲んでも大丈夫?気をつけるべきポイントとは?

関連記事:コーヒーのカロリーは何キロカロリー?気になるコーヒー1杯のカロリーをご紹介


コーヒーを1日3~4杯飲み続けた男性…

ただし、あくまでカフェインの過剰摂取をすると健康被害がでるというだけであって、カフェインの摂取量を守っていればむしろ健康に大きなメリットをもたらしてくれます。

ある男性がコーヒーを1日3~4杯飲み続けた結果なんと、糖尿病リスクが17%低下というデータがあります。

実際にコーヒーには糖尿病や生活習慣病を予防する効果があるとされていて、現在注目されている飲み物になっているんです。
また、男性だけでなく女性は糖尿病リスクが38%低下することが分かったそうです。

関連記事:コーヒーを飲むベストなタイミングはいつ?コーヒーを飲むオススメのタイミングをご紹介


1日4~5杯のコーヒーを飲み続けた結果…

続いて1日にコーヒーを4〜5杯飲み続けた結果…驚くことに死亡リスクが12%も低下したとのことです。

こちらもきちんとしたデータがあり、アメリカのガン研究所が発表したのですが、コーヒーをまったく飲まない人に比べ、コーヒーを1日に2~3杯飲む人は12%、4~5杯飲む人は12%、6~7杯飲む人は16%、6杯以上飲む人では14%、それぞれ低下したというデータが発表されています。

このデータには6杯以上と書いてますが、先ほども言った通り6杯は少し飲み過ぎの量になりますのでお気をつけ下さい。

関連記事:SNSで話題のダルゴナコーヒーとは?お家でカフェ気分を味わう作り方もご紹介


実はコーヒーを飲むことでデメリットも?

ここまでコーヒーを1日に何杯飲むかによって健康効果にどのようなメリット・デメリットものがあるのかを説明させていただきました。

最後に健康面以外でのデメリットもありますので、コーヒーを頻繁に飲む女性に気をつけていただきたいことをご紹介させていただき終わろうと思います。

意外と知られていないのですが、それは「肌の色素沈着」です。⇒「色素沈着の予防におすすめのクリームはこれ

初めにコーヒーにはアンチエイジングの効果があると少しだけ触れましたが、逆に飲みすぎることによって肌への色素沈着が起こってしまうため、シミなどの原因にもなってしまうのです。

1日に少量のコーヒーを飲んでいる方であれば問題ありませんが、コーヒーにはアンチエイジングの効果があると信じて飲みすぎているとこのような逆効果になってしまいますので、女性の方は健康効果意外にもこの色素沈着の原因にもなり得るということは是非とも念頭に置いてくださいね。


コーヒーは1日何杯までなら大丈夫なのか最適な杯数まとめ

コーヒーを1日に飲む最適な杯数について、そしてカフェインの摂取について、それぞれ何杯飲み続けることでどのような効果・影響があるのかについて説明させていただきましたが、理解は深まりましたでしょうか。

やはり、何事もほどほどにがベストですので、コーヒーは最高でも5杯というのだけ覚えていただいてカフェやコーヒーを健康に楽しくいただきましょう。

自分が1日に何杯コーヒーを飲んでいるのかこれを機に把握してみるのも良いかもしれませんね。また、カフェインレスコーヒーを取り入れることでカフェインに気にせずコーヒーを飲むことができるのでオススメの方法です。⇒「カフェインレスコーヒーにしてみる

それではまた次回もお楽しみください。

楽しいカフェライフを。

KUTSULOG編集長

関連記事

 

KUTSULOG Instagram

KUTSULOG Twitter

この記事を書いた人

KUTSULOG編集長
KUTSULOG編集長
・累計36万PV以上みられているKUTUSLOGサイトの管理者
・毎年200件以上のカフェを訪問
・カフェに関するコラムや情報について発信しています

Instagram→フォロワー数約7,000人、#KUTUSLOG 3万件以上

この記事が気に入ったら
いいね!してKUTSULOGを応援する

\ X(旧Twitter)はこちら /

関連記事

  1. アイリッシュコーヒーとは

    【ワンランク上の大人の味】アイリッシュコーヒーとは?アイリッシュコーヒーの作り方・飲み方をご紹介

  2. ダルゴナコーヒーとは?

    SNSで話題のダルゴナコーヒーとは?お家でカフェ気分を味わう作り方もご紹介

  3. 最新大阪カフェ

    【2023最新大阪カフェ】誰にも教えたくない大阪にあるおしゃれで落ち着ける人気カフェ15選をご紹介

  4. コーヒー豆 何種類

    コーヒー豆の種類は何種類?コーヒー豆の種類による特徴と味わい・選び方について徹底解説

  5. コーヒー 太る 原因

    【決定版】コーヒーを飲むと太る?コーヒーを飲んでも太らない効果的な飲み方をご紹介

  6. コーヒー 食べ合わせ ヨーグルト

    【コーヒーペアリング】コーヒーに合う食べ物・コーヒーと相性の良い食べ物をご紹介

  7. 抜け毛・薄毛(ハゲ)に悪影響を与えるコーヒーの飲み方

    コーヒーと抜け毛・薄毛の関係とは?コーヒーを飲みすぎると薄毛やハゲになるかを解説

  8. シナモンコーヒーとは

    シナモンコーヒーとは?シナモンコーヒの効果・効能と作り方をご紹介

  9. コーヒ5つの健康効果

    美味しいだけじゃない!!コーヒーの健康効果知ってますか?コーヒーの効果・効能をご紹介

  10. コーヒー占いとは

    コーヒー占いとは?いつものコーヒーに楽しさをプラスオン

  11. コーヒを飲むと気持ち悪い・吐き気

    【悩んでいる方必見】コーヒーを飲むと気持ち悪くなる・吐き気を引き起こす原因と対処法、予防方法をご紹介

  12. エッグコーヒーとは?

    まるでスイーツ!?新感覚なエッグコーヒーとは?エッグコーヒーのレシピ、味もご紹介

  13. アインシュペナーとは

    【韓国で人気沸騰中】アインシュペナーとは?味わいと特徴・作り方をご紹介

  14. コーヒー 血圧

    コーヒーを飲むと血圧が上がる?血圧が下がる飲み物もご紹介

  15. コーヒー豆 賞味期限

    コーヒー豆の賞味期限はいつまで?保存方法や有効活用ご紹介

当サイトの広告について


当サイトではアフィリエイト広告及び、Google AdSenseを利用しています。

  1. コーヒーは脂肪燃焼に効果あり!脂肪燃焼に効果的な飲み方もご紹介

  2. ココアは1日何杯まで?ココアを適量飲むことで得られる健康効果を解…

  3. 烏龍茶はダイエットに効果的?烏龍茶ダイエットの効果効能、痩せる…

  4. 緑茶で健康ダイエット!緑茶ダイエットのやり方や効果、飲むタイミ…

  5. アーモンドミルクはダイエット効果がある?アーモンドミルクダイエ…

  1. wad カフェ

    GW (ゴールデンウィーク)に人混みを避けて行きたいおすすめの関西カ…

  2. カカオパウダー ダイエット

    ココアダイエットのポイントをご紹介!ココアの選び方からレシピま…

  3. コーヒー豆 賞味期限

    コーヒー豆の賞味期限はいつまで?保存方法や有効活用ご紹介

  4. ダルゴナコーヒーとは?

    SNSで話題のダルゴナコーヒーとは?お家でカフェ気分を味わう作り方…

  5. カフェイン中毒

    それ実はカフェイン中毒かも?カフェイン中毒の症状、対処法をご紹介

  1. 塩ラテ カフェナムス

    【必ず行きたい‼︎】大阪の人気カフェ5選!今最もホットな大…

  2. 福岡 ROA フルーツサンド

    【ROA (ロア)】福岡県赤坂にある韓国風カフェ!さっぱり生クリーム…

  3. ナチュラルコーヒー ウォッシュドコーヒー 違い

    「ナチュラルコーヒー」と「ウォッシュドコーヒー」の違い知ってま…

  4. カフェラテ カフェオレ 違い

    カフェラテとカフェオレの違いとは?カフェオレ、カフェラテ、カプ…

  5. 深煎り・中煎り・浅煎り違い

    コーヒー深煎り・中煎り・浅煎りの違いとは?それぞれの味と特徴を…

カテゴリー