アーモンドミルクはダイエット効果がある?アーモンドミルクダイエットの効果・正しい飲み方・注意点を解説

皆さんこんにちはKUTSULOG編集長です。

アーモンドミルクダイエットとは、アーモンドミルクを1日1杯飲むダイエット方法です。アーモンドミルクは牛乳や豆乳に比べてカロリーが低く、食物繊維やビタミンEなどが豊富に含まれているためダイエット効果以外にも健康面にも様々な効果をもたらしてくれます。

本記事では、アーモンドミルクにダイエット効果があるのかを解説。さらに、アーモンドミルクダイエットの正しい飲み方や注意点、豆乳ダイエットとの違いについても説明しています。

アーモンドミルクダイエットについて詳しく知りたい人やダイエットを始めたい人にも役立つ内容になっていますので、ぜひご参考にしてみてください。

この記事は5分で読めます

目次
  1. アーモンドミルクとは
  2. アーモンドミルクダイエットとは?
  3. アーモンドミルクダイエットのメリット
    1. アーモンドミルクダイエットのメリット①ヘルシーで高い栄養価
    2. アーモンドミルクダイエットのメリット②牛乳・豆乳アレルギーの人も飲める
  4. アーモンドミルクダイエットの効果
    1. アーモンドミルクはカロリー・糖質が低い
    2. アーモンドミルクは食物繊維が豊富
    3. 栄養バランスが良い
  5. アーモンドミルクダイエット中の正しい飲み方
    1. アーモンドミルクダイエット中のアーモンドミルクの飲み方①1日200mlを目安に飲む
    2. アーモンドミルクダイエット中のアーモンドミルクの飲み方②食前に飲む
    3. アーモンドミルクダイエット中のアーモンドミルクの飲み方③無糖タイプを選ぶ
  6. アーモンドミルクダイエットの注意点
    1. アーモンドミルクダイエットはアレルギーがある人は注意
  7. アーモンドミルクダイエットと豆乳ダイエットの違い
    1. アーモンドミルクはカロリーや糖質が豆乳よりも低い
    2. たんぱく質が豊富に含まれているのは豆乳
  8. ダイエットにおすすめなアーモンドミルクの選び方
    1. ダイエットにおすすめのアーモンドミルク
  9. アーモンドミルクダイエットのおすすめの飲み方
  10. アーモンドミルクダイエットでよくある質問
  11. アーモンドミルクはダイエット効果がある?アーモンドミルクダイエットの効果・正しい飲み方・注意点のまとめ

アーモンドミルクとは

アーモンドミルクとは、アーモンドを水に浸してミキサーなどで砕き水を加えて濾して作った飲み物です。牛乳に比べてカロリー・糖質が低く、食物繊維が豊富な特徴があります。

アーモンドミルクはアーモンドの香ばしい香りが特徴的で、牛乳を飲んで腹痛を引き起こす乳糖不耐症の方は、牛乳の代わりにアーモンドミルクを代用してカフェラテなどにも使っている方も多いです。

美容効果も期待できるため、牛乳が苦手という方や美容に気を遣っている方は、アーモンドミルクダイエット関係なく普段の生活に取り入れてみるといいでしょう。⇒「Amazonでアーモンドミルクを見てみる

関連記事:【水ダイエットは痩せない?】水ダイエットの効果が出るまでの期間、やり方をご紹介


アーモンドミルクダイエットとは?

アーモンドミルクダイエットとは、アーモンドミルクを1日200ml程度飲むダイエット方法です。アーモンドミルクは牛乳に比べてカロリー・糖質が低く、食物繊維が豊富なためダイエットに適しています。

しかし、アーモンドミルクだけを飲んでいると痩せるということはなく、アーモンドミルクによって栄養バランスが崩れ反対に代謝が悪くなり、痩せにくい体になってしまうこともあるので注意が必要です。

そのため、アーモンドミルクダイエットでは1食をアーモンドミルクに置き換えるのではなく、おやつでアーモンドミルクを飲んだり、コーヒーの代わりにアーモンドミルクを飲んだりする方法がおすすめです。⇒「アーモンドミルクダイエットを始めてみる

関連記事:緑茶で健康ダイエット!緑茶ダイエットのやり方や効果、飲むタイミングについてご紹介


アーモンドミルクダイエットのメリット

アーモンドミルクダイエットのメリットはいくつかあります。

アーモンドミルクはヘルシーなドリンクですので、正しい飲み方をすることで健康と美容にも効果が期待できます。アーモンドミルクダイエットが身体にもたらすメリットは減量だけではありません。

アーモンドミルクダイエットのメリット①ヘルシーで高い栄養価

アーモンドミルクダイエットのメリット1つ目がアーモンドミルクがヘルシーで高い栄養価のドリンクだということです。

アーモンドミルクは牛乳に比べてカロリー・糖質が低く、食物繊維やビタミンE、ミネラルが豊富に含まれているため、ヘルシーで高い栄養価があるとされています。

食物繊維 便秘解消や血糖値のコントロールに役立つ栄養素。
ビタミンE 抗酸化作用を持つ栄養素です。アンチエイジングや生活習慣病の予防に役立つ。

特に豊富に含まれている栄養素はビタミンEです。

ビタミンEは別名若”返りのビタミン”とも呼ばれており、強い抗酸化作用を持ちます。 また、年を重ねるにつれて発症しやすい動脈硬化や血栓の予防、血圧の低下、LDL(悪玉)コレステロールの減少などの効果もあります。

18~49歳男女の場合、ビタミンEの1日の摂取目安量は5~6mgです。アーモンドミルク200mLあたりには、平均5mgのビタミンEが含まれているため、アーモンドミルクを200mL飲めば、1日分のビタミンEを摂取することができます。

アーモンドミルクダイエット関係なく、健康に気を遣っている方は一日一杯を目安に摂取するといいでしょう。⇒「おすすめのアーモンドミルクを買ってみる

アーモンドミルクダイエットのメリット②牛乳・豆乳アレルギーの人も飲める

アーモンドミルクダイエットのメリット2つ目が牛乳や豆乳アレルギーの人でも飲めるということです。アーモンドミルクは植物性のミルクであるため、牛乳・豆乳アレルギーの人でも飲むことができます。

また、牛乳を飲んでお腹が痛くなったり、緩くなる乳糖不耐症の方でも気にせずに飲めるのでおすすめです。

アーモンドミルクは、手軽にたんぱく質やカルシウムなどの栄養素を補うことができる貴重な飲料としても注目されています。生活の中でカルシウムやたんぱく質などの栄養不足だと感じる方はアーモンドミルクダイエットで痩せるだけでなく健康的な身体を目指しましょう。

他のハードなダイエット方法に比べてアーモンドミルクダイエットは、普段飲んでいるミルクをアーモンドミルクに変えて飲むことで、ダイエット効果が期待できるダイエット方法ですのでハードルの低さもダイエット初心者には嬉しいポイントです。⇒「健康的に痩せるアーモンドミルクを買ってみる

関連記事:寝る前にコーヒーを飲むのは大丈夫?寝る前にコーヒーを飲むメリット、飲み方、注意点を解説


アーモンドミルクダイエットの効果

アーモンドミルクダイエットの効果は、主に3つあります。

カロリー・糖質が低いため摂取カロリーを抑えることができる点、食物繊維が豊富なため満腹感を得られやすく間食を減らすことができる点、栄養バランスが良いため健康的にダイエットをすることができる点がアーモンドミルクダイエットの効果です。

アーモンドミルクダイエットを始める前にアーモンドミルクの特徴を知っておきましょう。

アーモンドミルクはカロリー・糖質が低い

アーモンドミルクは、牛乳や豆乳と比べてカロリー・糖質が低いため、ダイエットに効果的です。他の乳飲料に比べて200mlあたりのカロリー・糖質を比較してみましょう。

カロリー 糖質
アーモンドミルク 39kcal 1.9 g
牛乳 126kcal 9.6g
豆乳 118kcal 5.8 g

参照:「fatsecret」「日本乳業協会

アーモンドミルクは牛乳や豆乳よりもカロリー・糖質が低いため、同じ量を飲んでも摂取カロリーを抑えることができます。カフェラテを飲む際などにも牛乳からアーモンドミルクに変更するのを意識してみるといいでしょう。

アーモンドミルクを意識的に摂取するのも大事ですが。日頃の生活でアーモンドミルクに代替できるものは代替すると無意識のうちにアーモンドミルクを摂取できるのでおすすめです。⇒「アーモンドミルクダイエットを始めてみる

アーモンドミルクは食物繊維が豊富

アーモンドミルクは食物繊維が豊富に含まれているため、満腹感を得やすく間食を控えるのにも役立ちます。ついつい間食してしまうという方はアーモンドミルクで間食を防ぎましょう。

200mlあたりの食物繊維
アーモンドミルク 3.0g
牛乳 0g(推定値)
豆乳 0.4g

参照:「fatsecret

表の中で、牛乳の食物繊維量は0gと推定されていますが、これは牛乳に含まれる食物繊維の量が極めて少ないためです。アーモンドミルクダイエットをする場合、食物繊維の含有量にも注目してアーモンドミルクを選ぶとよいでしょう。⇒「食物繊維の多いアーモンドミルクはこれ

栄養バランスが良い

アーモンドミルクは栄養バランスが良いため、健康的にダイエットをすることができます。アーモンドミルクにはタンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなど、さまざまな栄養素が含まれています。

タンパク質は筋肉の維持や増強に必要な栄養素、脂質はエネルギー源や細胞膜の材料となる栄養素、炭水化物はエネルギー源となる栄養素です。ビタミンは代謝や免疫機能の維持に必要な栄養素、ミネラルは骨や歯の形成、ホルモンの働きなどに必要な栄養素です。

アーモンドミルクはこれらの栄養素をバランスよく含んでいるため、ダイエット中でも健康を維持しながら、必要な栄養素を摂取することができます。⇒「アーモンドミルクダイエットを始めてみる

関連記事:シナモンコーヒーとは?シナモンコーヒの効果・効能と作り方をご紹介


アーモンドミルクダイエット中の正しい飲み方

アーモンドミルクにはダイエットの効果が期待できますが、アーモンドミルクの飲み方を間違えてしまうとダイエットとは逆の効果になる可能性があります。

アーモンドミルクダイエットで逆効果にならないために、正しい飲み方を覚えておきましょう。

アーモンドミルクダイエット中のアーモンドミルクの飲み方①1日200mlを目安に飲む

アーモンドミルクはカロリーや糖質が低いため、たくさん飲んでも太らないと思われがちですが、注意が必要です。カロリーや糖質が低くてもアーモンドミルクは飲み過ぎると代謝がうまくいかずに脂肪となって太ってしまうこともあります。

アーモンドミルクダイエットをする時であっても、沢山飲むのではなく1日200mlを目安にアーモンドミルクを飲むようにしましょう。

アーモンドミルクダイエット中のアーモンドミルクの飲み方②食前に飲む

アーモンドミルクは前述もしましたが、食物繊維が豊富に含まれているため、満腹感を得やすく間食を控えるのにも役立ちます。そのため、朝食や昼食の前に飲むと満腹感を得ることができ、食べ過ぎを防ぐことができます。

ダイエットに大切なことは消費カロリーと摂取カロリーのバランスです。消費カロリーが摂取カロリーより増えなければ体重は増えることはありませんので。アーモンドミルクに含まれる食物繊維の効果で摂取カロリーを制限しましょう。

アーモンドミルクダイエット中のアーモンドミルクの飲み方③無糖タイプを選ぶ

最後に大事なのはアーモンドミルクの種類です。アーモンドミルクといっても砂糖が含まれているものも販売されています。

飲みやすいのはもちろん砂糖が含まれているタイプですが。アーモンドミルクダイエットをするうえで砂糖はダイエットの天敵です。砂糖入りのものはカロリーや糖質が高くなるためダイエットには向いていません。

そのため、アーモンドミルクダイエットを頑張ろうと思っている方は無糖タイプのアーモンドミルクを選ぶようにしましょう。⇒「おすすめのアーモンドミルクはこれ

関連記事:コーヒーと抜け毛・薄毛の関係とは?コーヒーを飲みすぎると薄毛やハゲになるかを解説


アーモンドミルクダイエットの注意点

アーモンドミルクダイエットの注意点は飲み過ぎと砂糖入りのアーモンドミルクは避ける、たんぱく質をしっかり摂るの3つです。

アーモンドミルクダイエットは、ダイエット効果を期待できますが、飲み過ぎには注意が必要です。アーモンドミルクは、牛乳に比べて栄養価が高いため、飲み過ぎるとカロリーオーバーになる可能性があります。

また、アーモンドミルクには食物繊維も含まれているため、胃腸があまり強くない方が無理をしてアーモンドミルクダイエットに取り組むと下痢や軟便になる場合もあります。アーモンドミルクが体質に合わないと感じた場合は無理をせずに中止しましょう。

先ほどもお話しましたが、アーモンドミルクには砂糖入りのアーモンドミルクと無糖タイプのアーモンドミルクがあります。砂糖入りのアーモンドミルクだとダイエット効果とは逆に太ってしまう可能性がありますので、必ず無糖タイプのアーモンドミルクを選びましょう。

実は、アーモンドミルクは牛乳・豆乳よりもタンパク質量が少ないです。アーモンドミルク100mlあたりのタンパク質量は約1.5gで、牛乳100mlあたりのタンパク質量は約3.2g、豆乳100mlあたりのタンパク質量は約3.6gです。

そのため、アーモンドミルクダイエットをする場合は、タンパク質をプロテインや鶏肉など他の食品で補うようにしましょう。⇒「飲みやすくて美味しいプロテインはこれ

アーモンドミルクダイエットはアレルギーがある人は注意

アーモンドミルクは、アーモンドから作られた飲み物です。そのため、アーモンドアレルギーがある人は、アーモンドミルクを飲むとアレルギー症状や、最悪の場合アナフィラキシーショックを起こす可能性があります。

アーモンドアレルギーかどうかわからない場合は、少量のアーモンドミルクを飲んで様子を見てみましょう。飲んだ後に体に蕁麻疹や喉が痒いなどの症状が現れたらアーモンドアレルギーの可能性がありますので、飲むのを中止してください。

アーモンドミルクダイエットを行う際にはアレルギーには十分に注意して安全に取り組みましょう。

関連記事:ココアは胃に悪い?胃に優しい?胃痛や胃が荒れているときにココアを飲むポイントも解説

アーモンドミルクダイエットと豆乳ダイエットの違い

アーモンドミルクダイエットの他に豆乳ダイエットというのもあります。

アーモンドミルクも豆乳もどちらも健康に良い飲み物なので、どちらを利用してダイエットをすればいいのか悩む人もいるかもしれません。ダイエットをする際には、それぞれの特徴を理解した上で選ぶことが大切です。

ここでは、アーモンドミルクと豆乳の違いを詳しく解説していきます。

アーモンドミルクはカロリーや糖質が豆乳よりも低い

アーモンドミルクは豆乳よりもカロリーや糖質が低いので、カロリーを極力抑えてダイエットをしたい方にはアーモンドミルクダイエットがおすすめです。

また、カロリーが低いだけでなく、アーモンドミルクには食物繊維やカルシウム、マグネシウムなどの栄養素も豊富に含まれているため、ダイエット中でも健康的に栄養を摂取することができるのもアーモンドミルクダイエットの魅力です。

そのため、物繊維やカルシウムなどの栄養素を摂りたい人はアーモンドミルクダイエットに向いています。⇒「Amazonでアーモンドミルクを見てみる

たんぱく質が豊富に含まれているのは豆乳

アーモンドミルクに比べて、豆乳が優れている点はタンパク質の含有量です。

タンパク質が豊富に含まれているのは豆乳で、アーモンドミルク100mlあたりのタンパク質は約1.5g。豆乳100mlあたりのタンパク質は約3.6gです。そのため、タンパク質を多く摂りたい場合は豆乳がおすすめです。

豆乳は大豆が原料なので、良質なたんぱく質が豊富に含まれています。良質なたんぱく質とは、必須アミノ酸をバランスよく含んでいるたんぱく質のことです。豆乳を飲むことで筋肉の合成や修復を助け、健康的な体づくりに役立ちます。

また、豆乳には大豆イソフラボンも含まれています。大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする物質で、女性の更年期障害の症状の緩和や、骨粗しょう症の予防などに効果が期待されています。

ただし、豆乳はカロリーや糖質がアーモンドミルクよりも高いため、ダイエットをする際には摂りすぎに注意しましょう。⇒「Amazonで豆乳を見てみる

関連記事:【豆乳ダイエットって本当に効くの?】豆乳ダイエットのやり方と効果的なやり方、レシピをご紹介

ダイエットにおすすめなアーモンドミルクの選び方

アーモンドミルクには様々な種類があり、アーモンドミルクダイエットの際には選ぶのに迷う人も多いと思います。アーモンドミルクを大きく分けると「砂糖不使用ものの飲み切りタイプ」「大容量(1Lなど)タイプ」「甘みや風味付けをしているタイプ」に分けられます。

砂糖不使用ものの飲み切りタイプは、アーモンドミルクの味をそのまま楽しみたい人におすすめです。カロリーや糖質が低く、食物繊維が豊富に含まれているものが多くあります。

大容量(1Lなど)タイプは、自宅で飲む場合におすすめ。コスパが良く、続けやすいのがメリットです。

甘みや風味付けをしているタイプは、砂糖不使用のアーモンドミルクが飲みづらい人におすすめです。砂糖やはちみつ、バニラエッセンスなどの甘みや風味付けがされているものが多くあります。

ダイエット中は摂取エネルギーや糖質量が気になるので、砂糖不使用のアーモンドミルクを選ぶのがおすすめです。市販のアーモンドミルクには、砂糖が添加されているものも多くあります。砂糖が添加されたアーモンドミルクはカロリーと糖質が高くなるため、ダイエットには向いていません。

また、食物繊維が豊富なアーモンドミルクを選ぶと、腸内環境を整え便秘の解消やダイエットのサポートに役立ちますよ。⇒「Amazonでアーモンドミルクを買う

関連記事:【ダイエットには高カカオがオススメ!】ダイエット中のチョコレートの選び方・食べ方やチョコレートダイエットをご紹介

ダイエットにおすすめのアーモンドミルク

「砂糖不使用ものの飲み切りタイプ」「大容量(1Lなど)タイプ」「甘みや風味付けをしているタイプ」に分けて市販のおすすめアーモンドミルクを紹介します。

市販で売られているこれらの3つのアーモンドミルクは糖質摂取を控えたい人やアーモンドミルクの味を楽しみたいという人におすすめです。

アーモンド効果は、アーモンドの香ばしさとコクが楽しめる定番のアーモンドミルクです。食物繊維も豊富に含まれているため、満腹感を得られやすいのもポイントです。

毎日おいしいローストアーモンドミルクは、焙煎アーモンドを使用した香ばしさが際立つアーモンドミルクで、食物繊維も豊富に含まれています。

ポッカサッポロ アーモンドブリーズは、アーモンドの風味がしっかりと感じられる濃厚な味わいのアーモンドミルクです。食物繊維も豊富に含まれています。

関連記事:コーヒー豆の種類は何種類?コーヒー豆の種類による特徴と味わい・選び方について徹底解説

アーモンドミルクダイエットのおすすめの飲み方

アーモンドミルクはそのまま飲んでも美味しいですが、フルーツやヨーグルト、食物繊維などをプラスすると、より満腹感を得られやすくなります。アーモンドミルクダイエットを継続して出来る、おすすめの組み合わせを3つ紹介します。

  • アーモンドミルクとフルーツをミックス
  • アーモンドミルクとヨーグルトをミックス
  • アーモンドミルクとオートミールやグラノーラ、きなこなどをミックス

アーモンドミルクとフルーツをミックスすると、栄養価が高く満腹感も得られやすい朝食になります。例えば、バナナやいちご、キウイなどのフルーツを加えたり、はちみつやメープルシロップなどで甘みを加えたりしても美味しいです。

また、フルーツと一緒に食べることで抗酸化作用にも効果が期待できるので美容に気を遣っている方にはおすすめのアレンジ方法です。

アーモンドミルクとヨーグルトをミックスすると、タンパク質やカルシウムが摂取できる間食になります。例えば、プレーンヨーグルトにアーモンドミルクを加えたり、フルーツやナッツをトッピングしたりしても美味しいです。

アーモンドミルクに食物繊維をプラスすると、満腹感を得られやすくなります。また、食物繊維は腸内環境を整える効果もあります。おすすめの食物繊維はオートミールやグラノーラ、きなこなどです。

アーモンドミルクダイエットが飽きてきた際にはアーモンドミルクに他の食材をプラスして、アーモンドミルクダイエットを美味しく楽しみましょう。⇒「おすすめのアーモンドミルクはこれ

関連記事:【決定版】コーヒーを飲むと太る?コーヒーを飲んでも太らない効果的な飲み方をご紹介

アーモンドミルクダイエットでよくある質問

アーモンドミルクダイエットでよくある質問をご紹介します。

Q. アーモンドミルクダイエットで痩せるの?

アーモンドミルクはカロリーや糖質が低いため、ダイエットに適した飲み物です。

アーモンドミルクダイエットでは、食事に加えてアーモンドミルクを1日1〜2杯飲むのがおすすめです。アーモンドミルクを飲むことでカロリーや糖質の摂取量を抑えることができ、ダイエット効果が期待できます。

Q. アーモンドミルクダイエットのやり方は?

アーモンドミルクダイエットは、間食代わりにアーモンドミルクを飲む方法、食事の代わりにアーモンドミルクを1〜2杯飲む方法があります。

アーモンドミルクダイエットは無理な食事制限をする必要がなく、続けやすいのが特徴です。ただし、アーモンドミルクはあくまでもダイエットの補助として活用し、適度な運動や食事制限も併せて行うことが大切です。

Q. アーモンドミルクダイエットの効果は?

アーモンドミルクダイエットの効果は個人差がありますが、1日あたりアーモンドミルクを200ml〜300ml程度飲むと、1週間で1〜2kg程度痩せると言われています。アーモンドミルクダイエットは、無理な食事制限をする必要がなく続けやすいため、ダイエット初心者にもおすすめです。

Q. アーモンドミルクダイエットの注意点は?

アーモンドミルクはカロリーや糖質が低いとはいえ、飲み過ぎるとカロリーオーバーになる可能性があります。そのため、アーモンドミルクダイエットを行う際は、1日あたり200ml〜300ml程度を目安に飲むようにしましょう。

アーモンドミルクダイエットを成功させるためには、食事や運動などの他のダイエット方法も併用することが大切です。アーモンドミルクはカロリーや糖質を抑えることができるため、ダイエットの補助的な手段として効果的です。

しかし、アーモンドミルクだけで痩せることは難しいため、食事や運動などの他のダイエット方法も併用しましょう。食事ではバランスの良い食事を心がけ、間食を控え、運動では有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせて行うと、より効果的です。

関連記事:コーヒーはむくみを解消・改善に効果的?それとも悪化する?コーヒーとむくみの関係を解説

アーモンドミルクはダイエット効果がある?アーモンドミルクダイエットの効果・正しい飲み方・注意点のまとめ

アーモンドミルクダイエットは、カロリー・糖質が低く、食物繊維が豊富なアーモンドミルクを飲むことで、ダイエット効果をできます。アーモンドミルクは牛乳や豆乳に比べてカロリーや糖質が低く、食物繊維が豊富です。そのため、ダイエットに効果的と言えるでしょう。

また、アーモンドに含まれるオレイン酸には、コレステロール値を下げる効果があるとされています。さらに、ビタミンEには抗酸化作用があり、肌の老化を防ぐ効果が期待できます。

ただし、飲み過ぎには注意すべきです。アーモンドミルクは、1日あたり200ml〜300ml程度を目安に飲みましょう。また、他の食事もバランスよく摂取し、栄養不足にならないように注意しましょう。

アーモンドミルクダイエットは、手軽に始められるダイエット方法です。アーモンドミルクダイエットを続けることで、徐々に体重が減っていくでしょう。

ただし、ダイエットには個人差があるので無理をせず、自分のペースで取り組んでみるのがおすすめです。アーモンドミルクダイエットをこれからチャレンジしてみようと思っている方はこの記事が参考になれば幸いです。⇒「アーモンドミルクダイエットを始めてみる

最後までご覧いただきありがとうございました。それではまた次回もお楽しみください。

関連記事:豆乳ダイエットで健康的に痩せる!豆乳ダイエットのやり方と効果的なやり方、レシピをご紹介

楽しいカフェライフを。

KUTSULOG編集長

KUTSULOG Instagram

KUTSULOG X(旧Twitter)

この記事を書いた人

KUTSULOG編集長
KUTSULOG編集長
・累計36万回以上みられているKUTUSLOGサイトの管理者
・毎年200件以上のカフェを訪問
・カフェに関するコラムや情報について発信しています

Instagram→フォロワー数約7,000人、#KUTUSLOG 3万件以上

この記事が気に入ったら
いいね!してKUTSULOGを応援する

\ X(旧Twitter)はこちら /

関連記事

  1. ブラックコーヒーダイエット

    【ブラックコーヒーダイエットが凄すぎる?】ブラックコーヒーダイエットのやり方と市販のおすすめブラックコーヒーをご紹介

  2. 【水ダイエットは痩せない?】水ダイエットの効果が出るまでの期間、やり方をご紹介

  3. 豆乳ダイエットで健康的に痩せる!豆乳ダイエットのやり方と効果的なやり方、レシピをご紹介

  4. 緑茶で健康ダイエット!緑茶ダイエットのやり方や効果、飲むタイミングについてご紹介

  5. 烏龍茶はダイエットに効果的?烏龍茶ダイエットの効果効能、痩せる方法をご紹介

当サイトの広告について


当サイトではアフィリエイト広告及び、Google AdSenseを利用しています。

  1. ココアは1日何杯まで?ココアを適量飲むことで得られる健康効果を解…

  2. 烏龍茶はダイエットに効果的?烏龍茶ダイエットの効果効能、痩せる…

  3. 緑茶で健康ダイエット!緑茶ダイエットのやり方や効果、飲むタイミ…

  4. アーモンドミルクはダイエット効果がある?アーモンドミルクダイエ…

  5. 【水ダイエットは痩せない?】水ダイエットの効果が出るまでの期間…

  1. 美味しい コーヒー 淹れ方 コツ

    美味しいコーヒーって?美味しいコーヒーの淹れ方とコツもご紹介

  2. ブルーボトルコーヒー 発祥

    ブルーボトルコーヒーの発祥はどこ?意外と知らないブルーボトルコ…

  3. 空腹 コーヒー

    空腹時にコーヒーを飲むのは危険?空腹時にコーヒーを飲む危険性を…

  4. 【福岡県にあるカフェオオカミの口】〜癒しのスコーンを求めて〜

  5. インスタントコーヒーカフェイン

    インスタントコーヒーのカフェイン量は?インスタントコーヒーとレ…

  1. 京都 ENFUSE チーズケーキ

    【Enfuse(エンフューズ)】京都府京都市京セラ美術館の中にある韓国…

  2. wad カフェ

    GW (ゴールデンウィーク)に人混みを避けて行きたいおすすめの関西カ…

  3. 久留米 カフェ

    【jingoro】秘密基地感溢れる福岡県うきは市のカフェ

  4. チョコレート 何歳から

    【親御さん必見】チョコレートは何歳から食べていいの?量と食べて…

  5. コーヒを飲むと気持ち悪い・吐き気

    【悩んでいる方必見】コーヒーを飲むと気持ち悪くなる・吐き気を引…

カテゴリー