【親御さん必見】チョコレートは何歳から食べていいの?量と食べていい目安の時期をご紹介

チョコレート 何歳から

皆さんこんにちはKUTSULOG編集長です。

突然ですが、チョコレートは何歳から食べていましたか?物心ついたころから食べていたチョコレートですが、何歳から食べてもいいのか自分自身が親になった際にふと疑問に思う方もいるかと思います。

そこで、この記事では

  • チョコレートは何歳から食べていいのか?
  • チョコレートを食べる際の量や目安は?
  • チョコレートを食べる際の注意点とは

について詳しく説明させて頂きます。

この記事は5分で読めます。

また、KUTSULOGは誰でも簡単に全国のカフェを検索・登録できるサイトをリリースしました。

カフェ好きの方はもちろん、カフェを経営しているオーナーさんや経営者の方もご自身のカフェを登録して是非ご活用ください。⇒今すぐカフェを検索・登録する(無料)

チョコレートは何歳から食べていいの?

チョコレートは何歳から食べていいのかということについてですが、結論から言いますと「チョコレートを何歳から食べていいか」という明確な年齢は定められていません。しかし、一般的には大体舐める程度であれば、1歳後半ぐらいから。普通に食べるのであれば3歳以降が無難でしょう。

これは、乳幼児はまだ消化器官が未発達なため、チョコレートなどの砂糖や脂肪分を含む食品消化能力が未熟な乳幼児の内臓にも負担が大きくなるからです。

その他にもチョコレートには依存性が強いため、一度食べ始めるともっともっととついつい食べ過ぎてチョコレート中毒を引き起こすため注意が必要です。

また、チョコレートのみならず子どもの味覚は3歳までに食べた物の影響を受け、味覚の基盤が形成されると言われているため、乳幼児の頃に味の濃い食べ物を食べると、大人になるにつれて濃い味を好んだりする傾向もあると言われてます。

将来の子どもの味覚を守るためにもチョコレートや味の濃い食品は、3歳頃までは控え、薄味の食べ物を食べさせた方がいいでしょう。⇒「子供に人気のチョコレートはこちら

関連記事:コーヒーを飲むベストなタイミングはいつ?コーヒーを飲むオススメのタイミングをご紹介


子供がチョコレートを食べる際の目安量

チョコレートを食べてもいい年齢が3歳以降であれば大丈夫と言えど、具体的に、どのくらいの量のチョコレートを食べても大丈夫なのかについてお話ししていきます。

幼児の場合は1片がチョコレートの目安量です。

これは摂取カロリーも考慮した目安量になっており、幼児の間食の目安は、1日の総摂取カロリー量の10%ほどとされていますので、摂取カロリーの観点から考えてもチョコレートの目安量は1片ほどにしておくのがいいでしょう。

関連記事:コーヒーの飲み過ぎは危険!?1日何杯までなら大丈夫なのか最適な杯数をご紹介


子供がチョコレートを食べる際の注意点

チョコレートを何歳から食べ始めてもいいのか、チョコレート目安量を理解してもまだいくつかの注意点がありますので最後にその注意点をお話しします。

子供がチョコレートを食べる際の注意点1.チョコレート中毒

一つ目がこのチョコレート中毒です。前述しましたが、チョコレートは乳幼児にとって非常に刺激の強い食べ物ですので目安を守らないとチョコレート中毒になる危険性がありますので、注意が必要です。

子供がチョコレートを食べる際の注意点2.肥満の恐れ

乳幼児がチョコレートを食べる際の注意点二つ目が肥満の恐れがあるということです。

チョコレートは乳幼児にとっては非常に高カロリーな食べ物であり、チョコレートの依存性があるためチョコレートを食べずぎると小児肥満を引き起こしてしまうので注意が必要です。⇒「子供に人気のチョコレートはこちら

関連記事:チョコレートのダイエット効果とは?ダイエットにオススメのチョコレートもご紹介

子供がチョコレートを食べる際の注意点3.虫歯の恐れ

乳幼児がチョコレートを食べる際の注意点最後がこの虫歯の恐れです。

チョコレートは乳幼児関係なく、大人でも言えることですが、歯に残りやすいため虫歯を引き起こす原因になります。

そのため、チョコレートを食べるときは一緒に水分を取ったり、食後はしっかり歯磨きすることを意識しましょう。

関連記事:【ココアの効果・効能】ココアに含まれる7つの健康効果とは?


チョコレートは何歳から食べていいの?量と目安の時期まとめ

チョコレートは何歳から食べていいの?量と目安の時期についていかがでしたでしょうか。

まとめると、乳幼児にはチョコレートは刺激が強いためチョコレートを食べてもいい年齢は3歳以降が無難ということでした。また、食べるにしても目安の量をしっかり守り、肥満や虫歯などの注意も必要です。

上記を守りつつも特に幼児がチョコレートを食べる場合は、事前に総摂取カロリーから逆算したうえで量や回数を決めておくといいかと思います。

チョコレートは何歳から食べていいのと疑問に思っている方は是非今回の記事を参考にしてみて下さい。⇒「子供のためのチョコレートはこちら

最後までご覧いただきありがとうございました。

それではまた次回もお楽しみください。

楽しいカフェライフを。

KUTSULOG編集長

関連記事:コーヒーを飲んでもいい年齢とは?子供にコーヒーを飲ませる時の注意点と対策

KUTSULOG Instagram

KUTSULOG Twitter

この記事が気に入ったら
いいね!してKUTSULOGを応援する

\ X(旧Twitter)はこちら /

関連記事

  1. チョコレート 賞味期限

    【チョコレート好き必見】チョコレートの賞味期限はどのぐらい?最適な保存方法はこれ

  2. バレンタインデーいつ

    【バレンタイン2023年最新】今年のバレンタインはいつ?バレンタインデーの由来は?

  3. チョコレート ダイエット

    【ダイエットには高カカオがオススメ!】ダイエット中のチョコレートの選び方・食べ方やチョコレートダイエットをご紹介

当サイトの広告について


当サイトではアフィリエイト広告及び、Google AdSenseを利用しています。

  1. ココアは1日何杯まで?ココアを適量飲むことで得られる健康効果を解…

  2. 烏龍茶はダイエットに効果的?烏龍茶ダイエットの効果効能、痩せる…

  3. 緑茶で健康ダイエット!緑茶ダイエットのやり方や効果、飲むタイミ…

  4. アーモンドミルクはダイエット効果がある?アーモンドミルクダイエ…

  5. 【水ダイエットは痩せない?】水ダイエットの効果が出るまでの期間…

  1. 京都 カフェ ひつじ

    【ひつじ】京都を代表する人気ドーナツ店

  2. エッグコーヒーとは?

    まるでスイーツ!?新感覚なエッグコーヒーとは?エッグコーヒーのレシ…

  3. ココア胃に悪い

    ココアは胃に悪い?胃に優しい?胃痛や胃が荒れているときにココア…

  4. コーヒー豆 保存容器

    【コーヒー豆を正しく保存できてますか?】コーヒー豆のオススメ保…

  5. 福岡 ROA フルーツサンド

    【ROA (ロア)】福岡県赤坂にある韓国風カフェ!さっぱり生クリーム…

  1. コーヒー ダイエット

    コーヒーダイエットとは?コーヒーダイエットで痩せる方法をご紹介

  2. ブルーボトルコーヒー 発祥

    ブルーボトルコーヒーの発祥はどこ?意外と知らないブルーボトルコ…

  3. 大分 カフェ

    【Coffee 5】大分県にあるゆったりとした自然風景の中にあるコンク…

  4. お湯だけココア まずい

    【お湯だけのココアはまずい?】ココアをお湯だけで美味しく飲む方…

  5. コーヒー豆 保存 方法

    【保存版】コーヒー豆の保存方法をご紹介!!コーヒー豆の味、鮮度、…

カテゴリー