コーヒーは脂肪燃焼に効果あり!脂肪燃焼に効果的な飲み方もご紹介

みなさんこんにちはKUTSULOG編集長です。

ダイエットを考える際、多くの人が食事制限や運動量に目を向けがちです。しかし、毎日の飲み物から見直すだけで脂肪燃焼を効率的に最短でダイエットすることができます。

特に、コーヒーに脂肪燃焼効果があるのは知っていますか?コーヒーの摂取は脂肪燃焼効果のある飲み物の一例として注目されています。今回の記事では、コーヒーがどのようにして脂肪燃焼に効果的なのか、科学的根拠に基づきながら解説します。

コーヒーを飲んで脂肪を少しでも燃焼したいという方は是非最後までご覧下さい。

この記事は5分で読めます。

コーヒーはなぜ脂肪を燃焼できるのか?

コーヒーが脂肪燃焼効果を持つ主な理由は、含まれる「カフェイン」と「クロロゲン酸」の2つの成分にあります。

カフェインは中枢神経系を刺激し、代謝を活性化させる作用があります。この刺激によって体内の脂肪燃焼が加速され、エネルギー消費が増え、その結果脂肪燃焼効果が期待されていると知られています。

一方、クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、抗酸化作用の他に血糖値の上昇を穏やかにする効果があります。これにより、食後の急激なインスリンの分泌を抑え、脂肪の蓄積を防ぎつつ、既存の脂肪を燃焼しやすくすることができます。

つまり、コーヒーに含まれているカフェインとクロロゲン酸の相乗効果により、コーヒーは脂肪燃焼を促進できるのです。そのため、ダイエットや健康維持に役立つ飲み物として注目されています。⇒「脂肪燃焼に効果のあるブラックコーヒーを詳しく見る

参考:早稲田大学

関連記事:コーヒーダイエットとは?コーヒーダイエットで痩せる方法をご紹介


脂肪燃焼に効果的なコーヒーの最適な摂取タイミング

コーヒーの脂肪燃焼効果を最大限に引き出すためには、コーヒーを摂取するタイミングが重要です。

特に運動前のカフェイン摂取は、脂肪燃焼と運動パフォーマンスの向上につながります。ある研究によると、運動の30分前にカフェインを摂取することで、脂肪酸の分解が促進され、体が脂肪をエネルギー源として利用しやすくなると報告されています。これにより、運動による脂肪燃焼効果が高まり、効率的に減量することができます。

また、多くの人が朝にコーヒー一杯を飲みますが、実はあの行動は脂肪燃焼の観点で見ると理にかなっているルーティンなのです。

朝食前にコーヒーを飲むことは体の代謝を刺激し、一日を通じてのエネルギー消費を促す効果があると言われています。また、空腹時にカフェインを摂取することで、代謝率が上昇し、より多くのカロリーを燃焼させることができます。

しかし、カフェインの過剰な摂取は注意が必要です。カフェインの過剰摂取は不安や睡眠障害、心拍数の増加などの副作用を引き起こす可能性があります。

一日に推奨されるコーヒーの摂取量は、成人であれば2〜3杯とされています。これは、健康的な範囲内でカフェインの利点を享受するための目安です。

また、質の良い睡眠を確保するためには午後遅く以降のカフェイン摂取は避けることが勧められています。カフェインの効果は個人差が大きいため、自分の体調や反応をよく観察しながら、最適な量とタイミングを見つけることが重要です。

コーヒーは単に目を覚ますための飲み物ではなく、適切に摂取することで脂肪燃焼を促進してくれます。コーヒーで脂肪燃焼を期待する方は適量を守るのを前提に、運動前や朝食前の摂取を心がけることで効果的に脂肪を燃焼させることができるでしょう。⇒「脂肪燃焼に効果のあるブラックコーヒーを詳しく見る

関連記事:コーヒーを飲むタイミングはいつ?コーヒーを飲む最適な時間・タイミングをご紹介


コーヒーで脂肪燃焼する際の注意点・デメリット

コーヒーに含まれるカフェインは適量であれば脂肪燃焼に効果的ですが、脂肪燃焼を目的にして摂取する際にはいくつかの注意点とデメリットがあります。具体的には適切な量とタイミングに気を付けなければ、健康への悪影響を及ぼす可能性があります。

まず初めにカフェインを過剰摂取すると、不安感、イライラ、心拍数の増加、高血圧、睡眠障害などの原因となり得ます。特に、1日に4杯以上のコーヒーを常習的に飲む人は、これらの副作用に注意が必要です。カフェインは利尿作用もあるため、過剰に摂取すると脱水症状を引き起こすリスクもあります。

しかし、適量を超えるとカフェイン依存症のリスクも高まり、摂取を止めた際に頭痛や不快感、集中力の低下などの離脱症状が現れることがあります。

また、コーヒーを飲むタイミングにも注意が必要です。朝食前や運動前の摂取は脂肪燃焼を促進しますが、夕方以降にカフェインを摂取すると、睡眠の質が低下する恐れがあります。

カフェインの効果は個人差があるものの、体内での半減期は約5〜6時間とされており、就寝前数時間は避けるべきです。

特に特定の健康状態や疾患を持つ人は、コーヒーの摂取により症状が悪化する場合があるので注意が必要です。例えば、胃腸が敏感な人は、コーヒーによって胃酸過多や胃痛を引き起こす可能性があり、心臓疾患や高血圧の人は、カフェインが心拍数を上昇させるため、摂取量を制限する必要があります。

カフェインの摂取は体重管理や運動パフォーマンスの向上に役立つ一方で、デメリットも存在するため、適量を守り自身の健康状態や体質に合わせた摂取が必要です。また、脱水症状を防ぐためには、コーヒーを飲む際には水分補給も心がけるようにしましょう。⇒「脂肪燃焼に効果のあるブラックコーヒーを詳しく見る

関連記事:【コーヒーは1日何杯が正解?】コーヒーは1日何杯までなら大丈夫なのか、最適なコーヒーの杯数をご紹介


コーヒーに含まれるカロリー

コーヒーが脂肪燃焼効果があるとはいえ、コーヒーのおおよそのカロリーを把握しておくことは重要です。コーヒーの種類によってカロリーは大きく変わるので何のコーヒーを飲んでいるかも脂肪燃焼には関係してきます。

コーヒーそのもののカロリーは非常に低く、ブラックコーヒーであれば一杯(約240ml)あたりわずか2〜5カロリー程度とされています。このカロリーは主に微量に含まれるタンパク質や炭水化物から来ています。

しかし、ブラックコーヒーではなく、追加で砂糖やクリーム、ミルクなどを加えることで、カロリーを大幅に増加させてしまいます。

例えば、砂糖1杯(約4g)は約16カロリー、牛乳一杯(約15ml)は約9カロリー、クリームは同量で約30カロリーとなります。つまりブラックコーヒーと比較するとカロリーは数十倍にもなる可能性があり、コーヒーを脂肪燃焼の一環として取り入れている場合、かえって体重が増える恐れがあります。

特にカフェラテやキャラメルマキアートなどの加工されたコーヒー飲料は、高カロリーであることが多く一杯あたり数百カロリーに達することも珍しくありません。また、大量の砂糖やフレーバーシロップ、ホイップクリームが含まれている場合が多く、カロリーだけでなく、糖分の摂取量も増加させるので注意が必要です。

コーヒーを健康的に楽しむためには、ブラックで飲むかカロリーの低い乳製品や甘味料を選ぶとよいでしょう。たとえば、無糖のアーモンドミルクや脱脂肪乳は、通常の牛乳よりもカロリーが低く、コーヒーに加えてもカロリーの大幅な増加を抑えることができます。また、砂糖の代わりにラカントなどの自然由来の低カロリー甘味料を使用することも、カロリーを抑える一つの方法です。

コーヒーであればなんでも脂肪燃焼に繋がるということではないため、念頭に置いておきましょう。⇒「カロリーハーフのコーヒーを詳しく見る

関連記事:コーヒーのカロリーは何キロカロリー?気になるコーヒー1杯のカロリーをご紹介


コーヒーは脂肪燃焼に効果あり!脂肪燃焼に効果的な飲み方もご紹介まとめ

コーヒーの脂肪燃焼効果について理解が深まったかと思います。要点をまとめると以下になります。

  • コーヒーに含まれるカフェインは脂肪燃焼を促進効果がある
  • 脂肪燃焼効果に効果的な飲むタイミングは運動の30分前の摂取
  • 一日2〜3杯を目安に、午後遅くの摂取は避けて午前中に飲むようにする
  • ブラックコーヒーを飲むようにして、砂糖の摂取やカロリーをコントロールする

これらを守ることで、コーヒーの脂肪燃焼効果を実感することができ、ボディメイクしている方のサポートになります。毎日飲めるドリンクだからこそ小さなところから始めて脂肪燃焼効果を実感しましょう。⇒「脂肪燃焼に効果のあるブラックコーヒーを詳しく見る

最後までご覧いただきありがとうございました。それではまた次回もお楽しみください。

楽しいカフェライフを。

関連記事:コーヒーの飲み過ぎは危険!?1日何杯までなら大丈夫なのか最適な杯数をご紹介

KUTSULOG Instagram

KUTSULOG X(旧Twitter)

この記事を書いた人

KUTSULOG編集長
KUTSULOG編集長
・累計36万PV以上みられているKUTUSLOGサイトの管理者
・毎年200件以上のカフェを訪問
・カフェに関するコラムや情報について発信しています

Instagram→フォロワー数約7,000人、#KUTUSLOG 3万件以上

この記事が気に入ったら
いいね!してKUTSULOGを応援する

\ X(旧Twitter)はこちら /

関連記事

  1. アーモンドミルクはダイエット効果がある?アーモンドミルクダイエットの効果・正しい飲み方・注意点を解説

  2. 【水ダイエットは痩せない?】水ダイエットの効果が出るまでの期間、やり方をご紹介

  3. ブラックコーヒーダイエット

    【ブラックコーヒーダイエットが凄すぎる?】ブラックコーヒーダイエットのやり方と市販のおすすめブラックコーヒーをご紹介

  4. 緑茶で健康ダイエット!緑茶ダイエットのやり方や効果、飲むタイミングについてご紹介

  5. 豆乳ダイエットで健康的に痩せる!豆乳ダイエットのやり方と効果的なやり方、レシピをご紹介

  6. 烏龍茶はダイエットに効果的?烏龍茶ダイエットの効果効能、痩せる方法をご紹介

当サイトの広告について


当サイトではアフィリエイト広告及び、Google AdSenseを利用しています。

  1. コーヒーは脂肪燃焼に効果あり!脂肪燃焼に効果的な飲み方もご紹介

  2. ココアは1日何杯まで?ココアを適量飲むことで得られる健康効果を解…

  3. 烏龍茶はダイエットに効果的?烏龍茶ダイエットの効果効能、痩せる…

  4. 緑茶で健康ダイエット!緑茶ダイエットのやり方や効果、飲むタイミ…

  5. アーモンドミルクはダイエット効果がある?アーモンドミルクダイエ…

  1. COLINA COFFEE 吹田 カフェ

    【COLINA COFFEE】大阪府吹田市北摂エリアにあるゆっくりとした空間…

  2. 緑茶で健康ダイエット!緑茶ダイエットのやり方や効果、飲むタイミ…

  3. コーヒー占いとは

    コーヒー占いとは?いつものコーヒーに楽しさをプラスオン

  4. コーヒーの日

    【10月1日はコーヒーの日】コーヒーの日とは?コーヒーの日の意味や…

  5. コーヒーコーラ

    【一体どんな味?】コーヒーコーラとは?コーラとコーヒーの不思議…

  1. カカオ 効果・効能

    カカオの効果・効能とは?スーパーフードとしての人気が高いカカオ…

  2. チョコレート ダイエット

    【ダイエットには高カカオがオススメ!】ダイエット中のチョコレー…

  3. 子供 コーヒー いつから

    子供がコーヒーを飲んでもいい年齢とは?子供にコーヒーを飲ませる…

  4. コーヒー豆 保存 方法

    【保存版】コーヒー豆の保存方法をご紹介!!コーヒー豆の味、鮮度、…

  5. エスプレッソトニック 苦い

    エスプレッソトニックって美味しいの?エスプレッソトニックってど…

カテゴリー